全年齢全犬種用フード

パーフェクションは全年齢、全犬種が
理想的なバランスで摂取することができます。

Q.多種多様なドッグフードがありますが、パピー・アダルト・シニアとライフステージにより区別されている事に疑問を感じたことは無いでしょうか?

A.ご存知のように自然界で生活する狼やトラなど、動物の食事は年齢や体格の違いにより異なりません。人間も同じように乳児の時に母乳を飲む以外、子供、成人、高齢者と年齢や体格の違いによる食物の区別はありません。つまり、私達の愛犬もパピー・アダルト・シニアとライフステージによる区別をしなくても、全年齢全犬種が同じ食物の摂取で生活していくことは、とても自然なことなのです。
パーフェクションは、高品質の素材に含まれる栄養を理想的なバランスで摂取することで健康を維持し、犬本来が持つ免疫力と適正な体重、たくましい体の維持をサポートします。高齢犬、不活発犬、消化器官の弱った犬にもおススメです!

〈適切な栄養バランスと成分数値へのこだわり〉

消化吸収率90%以上

タンパク室や脂肪は、幼犬から高齢犬まで犬の成長段階に最も影響を与える重要な構成成分となります。その為、愛犬の健康を維持するには、栄養バランスに優れた食物を摂取する必要があります。しかし幾ら栄養価が高くバランスに優れた食物でも体に吸収しなければ効果はなく、成分値に記載する数値通り、正確に摂取出来なければ健康を維持することが難しくなります。また、素材本来が持つ栄養は、品質が高レベルに維持されていない限り、正確に摂取できるとは言えません。つまり素材の栄養素をしっかり吸収させてあげるには消化に優れた上質の原材料を選び、適切なバランスで配合する必要があります。パーフェクションは、栄養をバランスよく吸収させてあげることを最重要と考え、数あるフードの中でも最高レベルの消化吸収率90%以上をしました。

理想的なタンパク質数値24%理想的な脂肪数値18%
タンパク質は、犬の成長期に大きな役割を果たし、実際に多くの量を必要とします。幼犬における理想的なタンパク質数値は、20%~24%が理想とされ、少なすぎるとわずかに、成長不振や落ち着きのなさが見受けられるといわれます。また逆にタンパク質が多すぎると幼犬の血液が酸性となり、カルシウム不足など発育不全を招くこともあるといわれます。タンパク質量が多くても、少なくても、犬は生活できます。しかし、栄養バランスが悪いと健康であるとはいえなくなります。最も重要な事ですが、犬に必要な食事と栄養は、人間とは異なります。人間が炭水化物を消化して新陳代謝するのと同じように、犬は脂肪をエネルギーとして新陳代謝させます。犬にとって脂肪を消化することは、暑さによる疲労や熱中症、また寒い場所でも体温を保つ身体機能を高め、身体全体の機能に大きな役割を果たすエネルギー源となります。